nancolu

一般人の個人ブログです

モンハンにおける自由度の高さとは何か

モンスターハンターワールドが発売されましたが、オープンワールドが採用されたということで(正確にはオープンワールドではないようです)、自由度の高い狩りができると話題になっています。「自由度の高い狩り」という表現だと分かるのですが、たまに変な「自由度」を主張する人がいるので、モンハンにおける自由度の高さについて少し考えてみたいと思います。

結論としては、自由度と自由は違うということを言いたいです。自由度には目的があって、自由には目的がありません。この点については理解しておきたいところです。

そもそもモンハンとはどのようなゲームなのでしょうか。公式サイトには「雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム」と説明がありました。簡単に言えば、モンスターと戦うゲームであり、モンハン的に言えば、モンスターを狩猟するゲームといったところでしょう。モンハンの目的はモンスターを狩猟することです。

それではモンハンにおける自由度の高さとはなんでしょうか。それは、モンスターを狩猟するという目的を達成するための選択肢が豊富にあるということです。真正面からモンスターに突っ込んでいく、離れたところからボウガンを撃つ、1人ではなく4人で攻撃をしかける、罠をはって隙を攻める、討伐するのではなく捕獲する、というようなモンスターを狩る方法が数多くあり、プレイヤー自らそれを選択できること、これが自由度の高さです。

たまに、モンハンは狩りをしたり、武器を強くしたり、コレクションしたり、できることがいっぱいあるから自由だ、という意見を見かけることがあります。まったくその通りで、目的が定まっておらず、ゲーム内において何をしてもいいというのが自由です(本当は狩るための武器強化であり、武器強化は目的ではなく手段なのですが。でも売る方もそれを目的であるかのようにPRしていますね)。このように、自由度と自由は根本的に異なる概念です。この2つの概念を混同してしまうと、わけのわからないことになるので注意が必要です。

本来ゲームには目的があります。そのため、ゲームは自由に遊べることではなく、自由度の高さを目指さなくてはなりません。ゲームは自由に遊べることが良いという風潮があるのですが、自由に遊びたいならゲームの中ではなく現実で遊ぶべきです。現実には制限がないからです。現実は制限ばかりだと思うのならば、それは自由をはき違えています(ある意味ではそれも事実ですが)。

ただ自由度の高いゲームというのは、なかなか売れません。というのも表面的には単純である目的の中に、尋常ではない複雑性があるからです。これを理解するためには練習や勉強をしなければなりません。スマホゲームのような単純なだけのゲームが流行する中で、自由度の高いゲームは受けないわけです(どうぶつタワーバトルはマジで革命)。

モンハンシリーズは、新しくなるごとに自由度の高さが上がっているのですが、同時に「武器の数が多くてよく分からない、疲れる」というような意見も出ていました。自由度が高いというのはそういうことです。そしてその複雑性を理解できるようになるには時間がかかるわけですね。

残念ながら私はまだMHWをプレイできていないのですが、プレイ動画を見た限りでは、自由度の高さではシリーズ最高であると思います。ただ同時に自由なゲームでもあるように思います。キャラメイクがやたらと注目されたのはいい例ではないでしょうか。私としては、MHWは(というかここ最近のモンハンは)自由を強調することで、自由度の高さを維持しながらも相対化させているように思います。この調整が上手くいっているからこそ売れてるんじゃないかな、という気がしています。

さいごに、モンハンはモンスターを狩るだけの作業ゲーという意見は多いです。そういう方は、モンスターを狩ることだけを考えるのではなく、モンスターの狩り方について工夫してみると、多少は違った見方ができるかもしれません。