nancolu

一般人の個人ブログです

なぜ○○はウザイのか?



なぜ着物好きはウザいのか? - nancoluこの記事を書いたおかげかどうかしりませんが、「着物好き ウザイ」とか「ミニマリスト ウザイ」とか「学歴自慢 ウザイ」とか、なんかそういう感じのワードで検索すればこのブログが表示されるようです。えらい物騒になってきました、そんなこと書いてないのに…。まあ、近いことは書いたかもしれないけど。

タイトルを「○○はウザイ」にしたのですが、これだけだと色々なものがあるので一概に言えないんですけども、私のこのブログが表示される検索ワードに関しては、ある程度共通している特徴があると感じています。一言で言えば、それは権威です。単なる嫉妬で「ウザイ」と言っているのであれば非常にみっともないところですが、でもウザイと感じてしまうのもわからないでもないと私は思います。

それではなぜウザイと感じるのでしょうか。なぜ着物好きはウザいのか? - nancoluでも同じようなことを書いているのですが、ちょっと紛らわしい書き方だったので、補足もかねて書いてみます。

あくまでも私の想像に過ぎないのですが、おそらく、根本的な原因としては、ウザイと感じるその人のアイデンティティが定まっていないからじゃないかなと思います。自分が曖昧で、自分が下す判断や行動に自信を持つことができません。だからそこ、客観的に判断できる権威に頼ろうとするわけです。

着物であれば伝統です。日本の文化ですね(細かいことをいうと、私たちがイメージする着物は明治期に作られたものなので、そんなに歴史があるわけではない)。学歴はそのまま学歴です。偏差値が高く、世間一般にすごいと思われている大学を出たのだ、みたいな感じです。ミニマリストについてはちょっと紛らわしいところがあるのですが、あれはおそらく仏教を借りていると思います。ちょっとややこしいかもしれませんが、簡単に言えば、自分に自信のない人がブランド物で固めているような感じです。そのブランドが他の形をとっているだけです。

それで、ここまでだけであればまだ「ウザイ」には至らないと思います。厄介なのは、それら権威が価値基準として用いられるようになったときです。例えば、着物であれば、着物という日本の伝統を大切にしている私は立派である、そして、着物を大切にしない人間は劣っている、というような感じです。学歴であれば、○○大学を出た私は素晴らしい、そしてそれ以下の人間は劣っている、という感じですね。これらに共通しているのは、自分は良くて、それ以外はダメであるという単純な善悪二元論です。たぶん、直接的に「○○でない人はダメだ」みたいなことを言うことは稀だと思いますが、しかしそういう空気は出してきますので、ウザイと感じてもおかしくはないでしょう。

あと、これも私の想像ですが、権威を身につけた場合、その権威に適合するかどうかだけで物事を判断する傾向があるように思います。例えば、健康。健康的な生活は立派な生活と被るところがあるのでこれも権威になります。病的にまで健康を意識する人は「健康のためなら死ねる」とまで言うそうですが、これには端的に表れていて、結局のところ健康それ自体はどうでもいいわけです。つまり行動原理があればそれでいいのです。アイデンティティが曖昧で、何をすべきであるかを自分で判断することができないために、権威(ここでは健康)を導入して、これは健康的に優れているからやるべき、これは健康的でないからやるべきではない、というようになります。自分の判断に自信を持てるということ、それ自体が大切であるわけです。なので自信をもって行動できるのであれば、その結果が健康的でなくても問題ありません。

これは他の視点が入りこむ余地がないということでもあります。「これ美味しいよ」と提案があっても「いや、健康的ではない」と、それだけで考えてしまいます。他人からすればウザイだろうと思います。

と思いました。