nancolu

一般人の個人ブログです

参加型のマーケティングサイトをやってみた感想



参加型のマーケティングサイト、という表現が正しいのかわかりませんが、そういうのがあったので興味本位でやってみました。私は世の中にはくだらない商品があまりにも多すぎると思っているので、多少なりともそういうのを減らせればいいなぁと思った次第です。

とりあえず、サービス名は伏せておきます。内容もあまり書かない方がいいのかもしれませんが、簡単にまとめると、法人が出した質問に対して不特定多数の消費者が答える、という感じです。消費者の率直な意見が聞けるので商品開発に生かせるかもね?みたいなコンセプトですね。私は消費者としてこのサービスに参加してみました。

第一に感じたのが、消費者は合理的な判断をするわけではないということです。ほかの人の回答を見ることができるのですが、それを見ていると質問に対する答えになっていないものが非常に多い印象でした。「○○と××のどちらがいいですか?」という形式の質問に対して「○○はこういうもので、××はこういうもの。○○と××はここが違う」と言葉の説明をしているものなんかがありました。何の答えにもなっていません。また、答えだけでなく理由を問うものも多くあったのですが、それは理由になっているのか?と疑問に感じるようなものが少なくなかったです(もちろん私の印象にすぎませんけども)。なので、明確な理由もなく、何となくで購入している人が多いのでしょう。確かにそれはよく言われることで、私も以前から知っているのですが(このブログでも書いたことがあると思います、たぶん)、実際にそれなりにまとまった消費者の意見に触れるという経験は今回が初めてなので、予想以上という感じでした。

また同時に、マーケティングに関する商品・サービスはそりゃ売れるわと感じました。消費者が合理的な判断をするのであれば、作る方としても同じ人間であるので、論理に従っていけばある程度は認識が共通するであろう商品に到達するでしょう。しかし、多くの消費者が合理的に考えているのではなく、印象とかなんとなくとか、言語化できないような点を重視しているのであれば、考えようがありません。であれば、とりあえず何かをバンと出しておいて、その中で消費者がどのように行動しているのかを統計的に分析し、行動のトリガーを探す方がいいように思われます。ビックデータが注目されるのもそういうことなのかな?

それから、質問の内容もおかしいと思えるのがちょこちょこありました。法人であれば誰でも質問できるような感じでしたけども、もしかするとあまり吟味することなく質問を作っているのかもしれません。質問って結構大事なんですけどね、得られる答えが大幅に変わってくるので。言葉は悪いかもしれませんが、素人のマーケッターというのもなんか珍しいように感じるので、なかなか興味深いものがありました。

とにかく、使ってみて、興味深い点が多かったです。今までこういうサービスはなかったと思うので(少なくとも私の中では経験がなかったので)面白かったです。これからもしばらく使ってみようかな。