nancolu

一般人の個人ブログです

やっぱ人生苦しいっすよ…!

人生は苦しい

ここ最近ずっと認識の仕方というか解釈を変えてみれば人生も変わるんじゃないかみたいに考えていたわけです。結局のところ世の中で起きていることというのは現象に過ぎないわけで、そこに本来意味はないはずです。なので「苦しい」というのも解釈であって、主観の問題であるわけですね。一人で世の中を、物理現象を変えていくのは無理ですから、自分の見方を変える方が手っ取り早いし現実的ですし、そうしようと思っていたわけです。

でも、ニュースで「何とかの事故がありました」とか報道を見聞きして、「事故っていってもそれも単なる現象だよね、車と車がぶつかっただけでしょ?」みたいなことを思えるわけがない。苦しいもんは苦しい。客観的に見れば自由意志とかないのかもしれないけども、主観は主観で確かにあるように思えるのだから仕方がない。どうしようもない。

苦というのも解釈なのかもしれないですけども、苦が存在するというのをまずは認めた上で、それに対して何ができるのか、どうしていくべきなのか、といったことを考えている方が意味があるように思えるし(意味も解釈ですけども)、建設的だとも思えます。

現実認識を広げていくことですよね、現実というのをしっかりと理解していかないと対策の仕様がありませんし。ついでに現実認識が広がっていけば主観の在り方にも変化がでてくるかもしれません。これができるのはやっぱり研究なんかなぁ。

あとついでに言うならば、世の中では幸福の追求、より豊かに、という価値観が強いように思うのですが、私としては幸福というプラスを伸ばしていくよりも不幸のようなマイナスをいかにゼロに近づけるかの方が遥かに重要であると思います。そういうことをしていきたいなぁ。