nancolu

一般人の個人ブログです

KOIKEYA PRIDE POTATO手揚食感信州安曇野本わさびを食べた感想

f:id:k024:20180408155401j:plain

KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感信州安曇野本わさび

湖池屋

ブランド:PRIDEPOTATO

内容量:60g

上品な辛味と芳醇な香りが広がる安曇野産本わさびに、そばつゆのような旨みを重ね合わせることで、噛むほどにじゃがいもの美味しさが感じられる奥深い味わいに仕上げました。

(引用:https://koikeya.co.jp/pridepotato_item/index.html

ポテチにわさび

あまりおいしくはなかったです。マズイと言ってもいいかもしれません。袋を開けた瞬間から酷い臭いがしました。味は、どう表現すればいいのかわかりませんが、ポテチにチューブ型のわさびを付けて食べたような感じです。実際にそんなことをしたことはないのですが、イメージです。「信州安曇野本わさび」って大きくアピールして、そして大人向けみたいなデザインをしておいて、これは残念。

「ポテチに何を求めているの?」

こういうことをハッキリと言ったら「ポテチに何を求めてるの?」みたいなことを言われてしまいそうです。これは全くその通りで、この商品は150円であるわけです。150円でそんな大したものが作れるわけがありません。で、このパッケージです。めっちゃ大人びた感じになってて、裏のデザインの画像は撮ってませんが、職人みたいな人が写っていて、「伝統」みたいなものをイメージしていると思うんですけども、違和感ありません?

いや、湖池屋さんをどうこう言いたいのではありません。マーケティングとかその辺はかなり意識していると思いますが、こういう商品が売れるということです。買い手はこういうのを求めているわけですよ。

前からポテチに関する記事では書いていますが、ポテチは所詮ポテチです。ポテチは堕落した食べ物です。そして、それはポテチにとっては良いことなのです。何も考えずにダラダラと食べることができる、それがポテチの良さなんです。なぜそのポテチが大人向けになるのか。いや、大人向けなのではない。大人になりきれていない若者がいるから、こういう形になる、大人ではないから大人に憧れるわけです。

マズイものはマズイと言おう

商品関係なくなってきたけど、まあいいや。YouTuberとかブロガーとかが商品紹介をして、大して旨くもないにも関わらず「うま~い!」みたいなことを言っているのがちょこちょこあるのですが、マズイものはハッキリとマズイと言った方がいいと思います。もちろん、販売している企業や企業からの要望があった場合にそれをするのはいいのですが、何の関係もない人間がそんなことをしても何にもならないじゃないですか。何がしたいのかなぁと心底思います。

まあ、本当に「うまい」と思っているのかもしれないけども。少なからず判断できない人はいるようには思います。値段の高いものは無条件でウマいと思っている人もいますからね。同じように、有名な○○が販売しているのだからウマいはずだ、という思い込みがあって、反射的に「ウマい」と言ってしまうのかもしれません。

別に「マズイ」というのは非難でもなんでもなくて感想です。それに、「マズイ」と言われた方は改善点を見つけることができるわけですから、それは次の商品につながっていきます。否定的な意見を見るとすぐに攻撃されたと解釈する人が少なからずいるのでうが、それはあまり良い傾向ではないと思います。批判のない発展なんかあり得ないですからね。