nancolu

一般人の個人ブログです

コミュニケーション能力ってなんだかなぁ

就活でソワソワしている人がちょこちょこ出てきたいるように思います。就活って大変ですよね。私も就活ではエライ苦労しました、まあもともと働く気がそんなになかったんですけども。

就活と言えば「コミュニケーション能力」という謎の言葉の印象が強くあります。結局今になってもこの言葉の意味がいまいち分かりません。

そもそもコミュニケーションって能力なのかってところから疑問です。コミュニケーションというのは何を考えているのかというところの共有でしょう。今Wikipediaで調べてみたら齋藤孝さんの意見が紹介してあって、「感情を共有する」ということが書いてありました。

この共有というのは能力でもなんでもないと思うんですよ。いわば信頼関係ですよね。信頼関係を築くのって能力なんですかね?まあインテリジェンスみたいな高度な仕事だとそういうこともするのかもしれませんが、これは人間なら当たり前のようにやっていることだと思うんです。

能力だと思っていると、当然ながら「高める」という発想が生まれますし、それは要は相手よりも優位に立とうとするわけでしょう。これってやられている方としては、威圧感のようなものがありますし、端的に言えば「コミュニケーション能力」とやらが高い人は敵に思えるのではないでしょうか。こんな状態で信頼関係なんか生まれるわけがないじゃん。

繰り返しになりますが、考えや感情を共有するというのは人間として当たり前のことです。そして共有において最も大切なことは、相手が表現したいことをどう受け止めるか、つまり感受性です。就活では喋ることの方に重きを置く傾向があると思うのですが、そうではなくて理解することの方が重要です。

ちょっと前に、夜中に介護施設に乗り込んで好き勝手やった事件がありましたが、あれなんか典型的で、「うーうー言ってるだけで役に立たない」と彼は言ったわけだけども、極論相手が何を言っているかは問題ではなくて「うーうー」からいかに汲み取るかが重要であるわけです。感受性ですよ、彼は感受性が十分ではなかったからあんなことができたんだと思うんです。

本当にコミュニケーションを能力だと思っている人はコミュニティに属したことがないんじゃないか、信頼関係というのを知らないんじゃないか、極論知らない人はみんな敵だと思ってるんじゃないか、とか思ってしまいます。