着物の値段はどのように決められているのか

f:id:k024:20170729175859j:plain

着物を購入する際、高額だった着物が販売員と相談するうちに半額になった、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。定価とは何か?というような哲学的な疑問を抱いてしまうほどですが、着物の値段について考えてみます。

着物の値段の決め方

最初に断っておくと、すべての着物販売店に当てはまるわけではありませんので、その点にだけ注意してください。

結論からいうと、着物の値段の決め方は非常にテキトーです。そのため全く同じ商品だったとしても、販売店によって数十万円もの開きがあることも珍しくありません。

大まかな値段の決め方ですが、問屋からの仕入れ値+期待する利益+割引分、というような感じになっています。

仮に問屋から5万円で着物を仕入れたとしましょう。そして10万円の利益が欲しいとします。5万+10万で15万です。そしてさらに割引することを前提に、割引分を足します。仮に半額ということにしたい場合は、15万円+15万円で30万円です。30万円で売り、半額にすれば15万円になりますから、期待している10万円の利益が得られます。

ちなみに、10万円まるまる利益になることはなく、店舗の維持費や広告費など経費がかかっていますから、いくばくか引かれることになります。しかし売り方としては汚いですね(着物に値引きが発生したからといって、必ずしもこういう値引きだとは限りませんよ。もちろん適切な値引きもあります)。

着物の本当の値段はいくらなの?

販売店の値段がテキトーであるならば、当然の疑問として、着物の本当の値段が気になるところです。結論からいうと、着物の本当の値段というのはありません。

一般的には相場というものがあるのですが、着物の場合はそもそも流通量が少ないことや、同じ商品というのがないため相場が見えにくくなっています(販売員ですら着物の相場を把握しているのはごく少数です)。そのため、販売店と購入者との交渉により、最終的な値段が決定されることになります。

ということは、購入者が着物への十分な知識を持っていなければ、一方的に販売店が有利ということになります。

もちろんこれはどの業界でも同じことです。多くの場合、購入者よりも販売者の方が知識を持っているのは当然のことです。むしろ購入者の方が知識があるのならば、その販売者を利用する意義というのはないでしょう。

着物を安く購入するには?

それでは着物を安くで購入するためにはどうすればよいのでしょうか。まずはまともな専門店に行くことです。必ずしもチェーン店が悪いわけではありませんが、専門店の方が結果的に安く購入できることが相対的に多いです。

そしてもっとも大切なことが知識を身に付けることです。着物を購入しようと考えている人でも着物の知識を持っている人は少ないのではないでしょうか。

正絹と化繊の違い、黒留と色留の使い分け、訪問着と付け下げは何が違うのか、大島紬に使われるマルキとは何か、といった基本的な知識は当然のこととして、生地の良し悪しや産地、希少性なども判断できるようにする必要があります。

こういった知識を持っていると販売員に舐められることがなくなります。またきちんと勉強している販売員としては、知識を持っているお客さんほど嬉しくなりますから、どんどん良い商品を紹介してくれるはずです。もしかすると店の奥からレアな着物を持って来てくれるかもしれませんね。

着物あるある!紬(つむぎ)と絣(かすり)の違いとは?
無料の着物教室はどうやって利益を出してるの?
良い着物が欲しい!どの呉服屋で購入すべきなのか?
安くて手軽に着れる着物が欲しい?ちょっと待って!