あなたもできるかも?起業する人の特徴

f:id:k024:20170731213127j:plain

インターネットが発達したことで個人でも容易にビジネスを始めることができるようになってきました。中には独立して起業する人もいます。それでは実際に起業という行動に移す人は一体どのような特徴を持っているのでしょうか?

計画的に起業する人は意外と少ない

起業というと計画的に行われているイメージがあります。

例えば、大学在学中くらいから社会への問題意識を抱いて起業を意識し始め、起業を前提とした就職活動を行い、就職してある程度の経験を積んだ後に、独立・起業に踏み込む、というような感じです。

確かにこのような流れで起業していく人はいるのですが、多くはありません。「社会のこんな問題を解決したい!」というやる気や目標を持って起業をしているなら非常にかっこいいのですが、現実はそうではないわけです。

それでは起業する人はどのような人なのでしょうか?

起業する人は起業せざるを得なくなった人

もちろん起業する人の全員がそうというわけではないのですが、起業する多くの人は突発的に起業せざるを得なくなったというのが多いです。計画的に起業をするのではなく、突発的に自分の意思とは関係なく起業せざるを得ないのです。

どういうことなのでしょうか?

具体的には、勤めていた会社をクビになりそう又は既になった場合や、勤めていた会社で進めていたプロジェクトが没になって諦められない場合などが挙げられます。

「社会の問題を解決するぞぉー!」よりも現実としては「ヤベェ!このままじゃやっていけねぇ、いっそのこと独立してやる!」の方が多いわけです。

計画していても面倒に感じられる

大学在学中に起業を考える人は確かに多いのですが、そのほとんどが行動には移しません。なぜかというと、雇用されるというのがあまりにも恵まれているからです。

雇用されていると、上司がわけのわからないことを言ってきたり、残業が長かったりと面倒なことが多々あるのですが、でも簡単にお金が入ってきます。失敗しても怒られる程度です。痛くも痒くもありません。

しかし、起業するということは独立するということですが、そうなると成果を出さない限りはお金になりません。どんなに頑張っても成果が出なければ収入は0円ですし、むしろ経費がどんどん飛んでいって赤字になることも珍しくありません(ちなみに企業の7割以上が赤字経営です)。

そのため雇用されていると起業のデメリットが目立ってしまい、雇用に頼ってしまうことになります。結果として、計画的な起業というのはあまり進行しません。

人間というのは本当に危機感を覚えないと行動に移さないものです(夏休みの宿題を提出ギリギリに終わらせるなど)。そのため「起業するぞ!」よりも「ヤベェ!」の方が行動の動機としては強いわけです。

起業は成功するわけがない

起業する人の多くが「ヤベェ!」といって突発的に始めてしまうことになるのですが、事前に勉強もしてないのですから成功するわけがありません。

たまにサラリーマンとして頑張れば経営者にもなれると考える人がいるのですが、サラリーマンがどんなに頑張っても優れたサラリーマンにしかなれません。従業員と経営者では仕事内容が全く異なるからです。いきなり起業して成功するのはごく僅かです。

実際に、事業者の5割が3年以内に廃業しています。10年生き残るのはたったの1割です。起業した多くの人が失敗しているという現実があります。

起業は絶対に失敗するのか?

それでは「ヤベェ!」で起業してしまった人は絶対に失敗してしまうのでしょうか。そんなことはありません。生き残る事業者というのも、実は「ヤベェ!」が多かったりもするのです。なぜでしょうか?

それは勉強するからです。会社はクビになって、そして起業をしました。もう後には引けません。これで負けたら人生終わりだ!という状況です。だからこそ、その危機感が勉強の意欲を掻き立てます。

中には勉強したくらいで成功できないだろ、と考える人もいるでしょう。しかし起業で成功できるか否かは勉強が非常に重要です。

経営というと何やら難しそうに感じられますが、基本というのは意外と簡単で、しっかりと勉強をして実践していれば、大きな成功に至らなかったとしても失敗する可能性は大幅に減らすことができます。

経営に必要な知識というのはたいてい本に書かれています。別に新しい経営理論を生み出す必要はありません。先人たちが経営に必要なことを本にまとめてくれているのですから、それを読んで実践すればいいだけです。

本当はこれだけのことなのですが、でも実際には多くの人は勉強をしません。そのおかげか、1か月に1冊の本を読むだけで日本人の上位1%になれてしまうという有様です。勉強が本業である大学生でも全く本を読まない人がいるほどですから、いかに日本人が本を読まないことか。

逆に言えば、起業で成功できる、成功でなくても最低限の生活ができる程度には誰でも可能性があります。起業を考えている方、やってみませんか??

それがダメ!サラリーマン思考では成功出来ない理由
競争には負けていなかった?廃業に追い込まれる理由!
なぜあなたの商品は売れないのか―真面目な人が陥るワナ―
努力が報われない、全ては運なのか…?
コネは汚くない!コネの作り方、教えます