nancolu

一般人の個人ブログです

感想と要約が分からないブロガー

映画の感想に関する記事

たまに映画を見た後に、他の人はどんな感想を抱いたのかな?とか思って「○○(映画タイトル) 感想」とか「○○ 批評」とかで検索することがあるのですが、何か奇妙な記事が割とたくさん出てきます。

記事のタイトルは「○○を見た感想」というように「感想」とか「レビュー」とかになっているのですが、実際に見てみると感想なんか全然書いてなくて要約しか書いていません。なんか明らかに無機質なサイトだったら分からないでもないのですが(そうでもないけども)、バリバリに個性出している感のブログがそういうことをやっているわけです。いわゆる「ブロガー」という人が書いているブログ記事です。

ブログのデザインは派手にしているのに記事は大人しいのな、とか思わないでもないのですが、もしかすると要約を感想だと思っているのかもしれません。もちろん感想を書くにあたって作品の紹介をすることもあるだろうけども、感想が書かれていなくて、何をしたいのかがよく分かりません。

でも紹介したいだけなら公式サイトのリンクでも貼っておけよと思うんですよね。普通、映画の紹介を見たいなら公式サイト見ると思うんですよ。なんでわざわざ誰が書いているかも分からないブログで紹介文を読む必要があるんですか。書いてあることが正しいかどうかも分からないし、そもそも情報量においても明らかに公式サイトよりも劣っているのに、何でそんな記事を読む必要があるのか。

タイトルに「感想」とか「レビュー」とか入れるならば、自分なりの意見とかそういうのをしっかりと書いてほしいと思いますね。非公式の要約なんか何の意味もないですからね、しかも大半は要約にもなってないですし。まあ要約も著作権違反にあたる可能性があるので明確には書けないというのがあるのかもしれませんけども、それならば余計に必要性を感じません。

なんでもかんでもこれに結びつけるのはどうかと思いますが、主観的に考えることができない人が多いのかもしれません。