なぜお金がないのか?お金を貯める2つの方法

「なぜお金がないのか」という疑問

「なぜお金がないんだろう」という疑問を抱くということは、お金の流れを把握できていないということですから、非常に危ない状況だと思います。

もちろん、机の上に置いてあったはずのお金がなくなっているけど誰かが盗んだのだろうか、何でお金がないんだろう?みたいなのはまた別の問題です。

そうではなくて、いつどれだけの収入があったのか、いつどこで何にいくら使ったのか、というような、自分で得たお金と自分で使ったお金を把握できていないのはマズい、ということです。

なので、「なぜお金がないんだろう」と感じてしまう場合は、まずはお金の流れを明確にすることから始めるべきです。

お金の流れを把握しよう

問題はその方法です。全部を暗記できればいいのですが、それは現実的ではありません。そこでオススメしたいのが、銀行口座の一元化とクレジットカード(またはデビットカード)の利用です。

よく節約術においては「銀行口座を分けましょう」という意見が多いのですが、口座を分けるとどの口座にいくら入っていて入出金がいつ行われたのかが分かりにくくなります。それに対し口座を1つにすると残高と入出金の記録が非常に明確になります。

次にクレジットカード(またはデビットカード)の利用です。これは明細を残すためです。本当は領収書なども全部保管して家計簿に記録するのが理想的なのですが、それをマメに行えるのであれば、そもそも問題にはなっていないでしょう。

クレジットカードの利用はあくまでも、いつどこでいくら使ったのかを記録するためです。なので、使用するクレジットカードも基本的には1枚のみにします。これで出費が明確になります。ちなみにクレジットカードは数百円程度の買い物でも利用します。早い話が、クレジットカードで決済できるのであれば、すべてクレジットカードを使います。もし、クレジットカードだと使い過ぎが心配だ、という場合はデビットカードを使いましょう。

(ちなみに、クレジットカードは単なる決済ツールだと考えるべきです⇒「クレジットカードで損をすることはある?それとも得する?」)

銀行口座の1本化とクレジットカードの活用で、だいたいのお金の流れは把握できるようになります。

お金を貯める方法は2つしかない

お金の流れが把握できたら、次はお金の流れをコントロールしていきます。つまり、お金を貯めていけるようにするということです。そこでお金を貯める方法というのが問題となりますが、極論2つしかありません。それは出費を抑えること(節約)と収入を増やすこと(稼ぐ)の2つです。

多くの人は出費を抑えること、つまり節約を重視する傾向があります。ですが節約というのは守りであり、守りは良くて現状維持です。どれだけ節約を頑張っても貯金できる金額はたかがしれています(なので節約のために銀行口座を複数持っても大した効果はありません)。

私は一時期、節約で1年間に150万円近く貯めたことがあるのですが、冷蔵庫のコンセントを抜く、風呂のお湯は浴槽の4分の1、食事は上司に奢ってもらう、家賃は会社補助、趣味は散歩と美術館と裁判傍聴(つまりほぼ無料)、交際費なし、という生活でした。一言で言うならば苦痛です。ここまでしないと節約には期待できません。

節約というのは確かに大切な要素ですが、本来はお金のある人がすべきものであって、お金がない人は節約に力を注ぐべきではありません。お金のない人が本当にすべきことは収入を増やすことです。

サラリーマンやアルバイトなど、お金を「貰う」立場にいるとお金の稼ぎ方が分かりにくくなってしまうのですが、稼ぐこと自体はそれほど難しいことではありません。例えば、パソコン教室でやっていることはパソコンの電源の入れ方とか、ネットの使い方とか、その程度のものです。別に高度な知識や技能が必要になるわけではありません。

現在サラリーマンなどのような働き方をしているならば、いきなるやるのが難しいと思われるので、まずは上司に無料で何かをしてもらう工夫をしてみると良いでしょう。例えば、コーヒーを奢ってもらう、などです。何も見返りがないのに奢る人はいません。奢るということは何か役に立つことをしているからです。それが価値です。

また副業が禁止されている場合は、その会社における報酬アップの方法を模索しましょう。もちろん会社の決まりや法に反することはやってはいけませんが、おそらく何らかの方法があるはずです。ちなみに上司や社長などの偉いさんに媚びを売るのも立派な戦略です。多くのサラリーマンは、自分の客が誰なのかを理解していません。一体誰からお金をもらっているのでしょうか?

まとめ

まずはお金の流れを把握することです。家計簿をキッチリと付けられるならばそれでもいいですが、多くの場合は無理ですので、銀行口座の1本化とクレジットカードによる決済の徹底(あくまでも明細のため)を行います。

そして次にお金を貯めていきます。お金を貯める方法は、節約と稼ぐの2つしかなく、またお金のない人が節約をしても大した効果はないので、稼ぐことを意識します。出費よりも収入の方が多ければ、お金は必然的に貯まります。

クレジットカードで損をすることはある?それとも得する?
悲報、サラリーマンはどんなに頑張っても給料は上がらない
それがダメ!サラリーマン思考では成功出来ない理由