介護職の給料はなぜ低い?給料を高めるのはどうすればいいの?

介護職の給料は安いとはよく言われますが、その原因とは一体なんなのでしょうか。また介護職において給料を高めるためにはどうすればよいのでしょうか。

介護職の給料が安い理由

介護職の平均月収は約22万円です。それに対し他の全産業の平均月収は約33万円です。そのため単純に考えても約10万円以上もの差があることになります。なぜこれほどまでに介護職の給料は安いのでしょうか。

その理由を一言で言うならば、介護報酬と介護施設が行えるサービス内容が国によって決められているからです。

介護以外の産業ではサービス内容とその価格を自由に設定することができるのに対し、介護業界ではそれが行えないということです。

介護施設とはいえ、やはり売上を作らなくては維持することができません。そのため他の介護施設との差別化を図り、競争をしていく必要があります。しかしサービス内容は国によって決められているため差別化をすることができません。

また価格(介護報酬)も決められているため、限られた費用の中で介護施設を運営していくことになります。利益を作ることができないのですから、経費を削減するしかありません。経費として最も削減しやすいのが人件費、つまり介護職員のお給料です。そのため、介護職の給料が安くなってしまいます。

介護職の給料が安いのは誰でもできる仕事だからだ、というような意見もたびたび出てきます。確かにそのような側面はあるのですが、それ以上に構造的な問題が潜んでいるも忘れてはなりません。

給料を上げるためには

給料を上げるためには構造的な問題を解決するのが一番効果的なのでしょうけども、そんなのは待っていられませんから個人で何とかする必要が出てきそうです。

転職

まずは転職です。給料を上げる方法としては一番手っ取り早いでしょう。しかし、紹介したように、介護報酬には上限が定められているため、どの介護施設も似たり寄ったりです。確かに給料の高い施設はあるのですが、それなりの理由があることを考慮した方がよいでしょう。

スキルアップ

次にスキルアップです。資格を取得したり実務経験を積むことで、できる仕事の幅が広がります。ケアマネージャーはその最もたるものでしょう。介護職と比較すると100万円近く年収が変わります。

また管理職を目指すことでも給料は上がります。管理職というと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、意外と管理職を募集している施設は多いです。ある程度の経験が必要になることは間違いありませんが、でも可能性は大いに開かれています。