nancolu

一般人の個人ブログです

受胎告知に関する絵画を集めてみた

私が気になった受胎告知の絵画を適当に集めてみました。順番も適当です、特に意味はありません。

ちなみに、受胎告知とは新約聖書に記されている物語の1つで、マリアがイエスをみごもった際に大天使ガブリエルがそれをマリアに伝える場面のことをいいます。

レオナルド『受胎告知』

f:id:k024:20180323165635j:plain

盛期ルネサンス期に活躍したレオナルドの作品です。この作品を描いた当時のレオナルドは20歳くらいだったようで、才能ってすごいなぁって思いますね。

右にいる女性がマリアで、左が大天使ガブリエルです。マリアは左手を挙げていますが、これはガブリエルから伝えられたことに驚いている様子を描いているのだそうです。「そんなバカな…」みたいな感じなんでしょうか?ちなみに右手の本は聖書。

フラ・アンジェリコ『受胎告知』

f:id:k024:20180323170805j:plain

フラ・アンジェリコは初期ルネサンスの偉い画家です。この人はかなり受胎告知が好きだったようで、何枚も描いています。

上の神と、ビームみたいな光に鳩がいますけども聖霊、そしてイエスをみごもったマリアで三位一体を表現している、のかな?確かそうだったと思います。

左にいる2人はアダムとエバ、これが原罪を表していて、そしてイエスによって救われるという形になります。

カラヴァッジョ『受胎告知』

f:id:k024:20180323171853j:plain

こちらはバロック期に活躍したカラヴァッジョの作品です。明暗表現がすごいですね、強烈な印象があります。

カルロ・クリヴェッリ『受胎告知』

f:id:k024:20180323172410j:plain

初期ルネサンス、ヴェネツィア派の画家です。繊細な表現に目が行きますが、遠近法を使っているのもすごいですね。今でこそ当たり前の技法ですが、当時では最先端でした。

空からマリアに向かってビームみたいなのが飛んでいますが、これは聖霊を表現しています。ビームの出どころが丸い円盤のような形をしているので、ネットでは「昔にもUFOがあった!?」みたいな感じで紹介されることがあるのですが、UFOではないです。

ムリーリョ『受胎告知』

f:id:k024:20180323173100j:plain

ムリーリョはバロック期の画家です。

このマリアは、かわいいですね(*'ω'*)

ガブリエルもかなりイケメンに描かれています。

エル・グレコ『受胎告知』

f:id:k024:20180323173327j:plain

こちらはエル・グレコ。マニエリスムの画家です。当時は知識人からかなり叩かれたようですね。今の時代から見ても、なかなか独特な表現ですが、当時でもそうだったようです。しかし宗教家からは、信仰心のような人間の内面を上手く表現しているとして評価されていました。

ティツィアーノ『受胎告知』

f:id:k024:20180323173830j:plain

ティツィアーノはルネサンスの画家です。ルネサンスというとレオナルドがやたらと注目されますが、ティツィアーノもスゴイ画家なんですよ。この作品は、色使いがいかにもティツィアーノって感じでいいですね。

ていうか、これを描いたとき70歳超えてるんですよね。情熱というか、なんというか、そういうのがすごかったんだろうな。

ティントレット『受胎告知』

f:id:k024:20180323174939j:plain

ティントレットもルネサンスの画家です。ガブリエルが他の天使を引き連れてマリアのところに来ているのですが、マリアかなり驚いていますね、「何ごとや!?」みたいな(笑)いい表情しています。ガブリエルの躍動感がすごいですね。レオナルドとかフラとかのガブリエルはかなり上品な感じですけども、このガブリエルはどことなく体育会系のノリが感じられなくもないです。

シモーネ・マルティーニ『受胎告知』

f:id:k024:20180323175557j:plain

マリアがものすごくイヤがっているように見えなくもない、かな。

ロセッティ『見よ、われは主のはしためなり』

f:id:k024:20180323180235j:plain

ロセッティはラファエル前派です。日常的な、素朴な場面として描かれているのが素敵ですね。