就活あるある!「企業説明会は服装自由」自由ってなんやねん

f:id:k024:20170731105944j:plain

就活の企業説明会あるある。「服装は自由です。軽装でお越しください。」自由ってなんやねん。私服で行くと浮いたりね。企業の言う服装自由とは一体何を意味しているのでしょうか?

服装自由ってなに?

一般的に就活はスーツで行うのが常識とされているため、特に指定がない場合はスーツで参加するのが当たり前です。

わざわざ服装自由と記載するくらいなのですから、スーツ以外の服装でもOKですよ、ということなのでしょう。早い話が私服でもいい、ということです。

そこで問題となるのが、どの程度の私服ならいいのか、という点です。普段着で説明会に参加すると、周りから変な目で見られるのがオチなのですが、実際はどうなのでしょうか?

常識の範囲内で自由

服装自由というのは、あくまでも常識の範囲内での自由だということです。説明会とはいえ、仕事の延長のようなものなのですから、仕事における常識の範囲内での服装である必要があります。

そのため、スウェットやサンダルといったものはNGです。某芸人さんが真っ赤なシャツで某大手企業の説明会に参加した話が有名ですが、仕事という場において真っ赤なシャツというのは、常識はずれと考えるべきでしょう。

こういうことを言うと次のような反論がありそうです。つまり、「自由って書いてるんだから何でもいいだろ。制限があるなら自由じゃないじゃん。そういう条件があるなら最初から書いとけ」というような感じです。

常識的なことに関してはいちいち案内しないのが普通です。もし常識的なことまで説明しなければならないのだとすると、「説明会にお越しの際は交通費を忘れないようにお財布を必ずご携帯ください」というようなことまで説明する必要があるでしょう。

このような説明があると腹が立ちませんか?つまり常識的なことにまで説明を加えるのは相手に対して失礼にあたります。

問題は就活生が仕事の常識を知らないこと

ではなぜ就活生は常識的な服装をすることができないのでしょうか。それは非常に簡単で、仕事をしたことがないからです。仕事をしたことがないのに仕事の常識が理解できるわけがありません。おそらく説明会程度では、大学の講義の延長程度の認識なのでしょう。だからこそジャージやサンダルで参加するということが起こります。

しかしだからといって許されるわけではなく、これから社会人として実際に働いていくのですから、働く自覚があるのであれば、おのずと仕事における知識を獲得していくはずです。

確かに仕事の常識を知らないのであれば対策のしようもないかもしれません。しかし服装程度のことくらい、仕事以外の常識からでも答えは導き出せるでしょう。

面接に行って担当者がジャージで出てきたら不快感を覚えるのが普通です。にも関わらず自分はジャージで説明会に行くのでしょうか。

就活生の中には自分を客と思い込んでいる人もいるのですが、実際の客は採用する側です。なぜなら就活生の労働力に対してお金を支払ってくれるからです。就活生は、その就活において、自分の労働力を買ってください、という営業活動を企業に対し行っているのです。ここを間違ってはいけません。

服装が分からない時は通勤時間に観察しよう

仕事における常識的な私服が分からない場合は、朝の通勤時間などを利用して、社会人がどんな服装をしているのかを確認してみましょう。実際に働いている人というのは非常に参考になります。

このように、別に学校などから教えてもらわなくてもちょっと意識すれば、勉強の材料というのはそこら辺に転がっているものです。

自由な服装ってなんやねん、という疑問の裏には、働くことの自覚の欠如が表れているように思えてなりません。

就活で靴を間違えてしまった時はどうすべき??
就活生必見!「勉強したいから志望しました」は不採用
コネは汚くない!コネの作り方、教えます
お金を使わずに生きる方法!仕事がイヤなら…?