nancolu

一般人の個人ブログです

やっぱりゲームのバグは面白い

最近のゲーム(コンピューターゲーム)を遊んでいるとどことなくキレイに感じられてます。このキレイというのは画質が良くなったという意味でもあるのですが、キレイにまとまり過ぎているように感じられるということです。もっと具体的に言うならば、予想外がない、という感じでしょうか。

最近のゲームにはないということは、昔のゲームにはあったのかということになるのですが、私はあったように思うんです。それを端的に言えばバグなんじゃないかなぁと。普通にプレイしていたら、いきなり地面を貫通してわけのわからない世界に突入したり。そういうのが昔のゲームには割とあったので、予想外の展開にワクワクしたものです。

本当は、「バグが面白い」というのはゲームの制作者に対して失礼なことではあるんですが、でもこの感覚というのは割と大切だと思うんです。ゲームがあまりにもキレイにまとまっているので予想外というのがあまりなく、ワクワクしないんです。なのでバグ以外の形で、あのワクワク感を表現できたら楽しいだろうな、と思います。

せっかくなので、過去にプレイしたゲームの中で面白かったバグをちょっと振り返ってみたいと思います(制作者さん、すみません…)。

マリオカート64

小学生の時の私はずっとゲームをしていたんですけども、お金がなかったから1つのゲームを繰り返し遊んでいたんですね(もっと言えば64とマリカー持ってなかったから友達の家に通いまくった)。そしたら一通り遊んだら変な遊び方をするようになるんですね(笑)あと当時はやたらと分厚い裏ワザ本があって(広技苑だったかな?)それをかたっぱしから試してました。バグを探すために遊んでいたのかもしれません。

それで64のマリカーはバグが多いです。有名なのは永遠にクラッシュし続けるものかと。ジャンプ連打で登れる壁があるんですが(たいてい三角になってる)、それを登りきるとガケの上でキャラクターがずっと回転し続けるんです。あとたまに壁を登っていくと、なぜか壁をすり抜けて真っ白の世界に突入し、何もないところで池ポチャするとかもありました。

それからこれは当時どこにも情報がなくて自分で発見したんですけども、チョコマウンテンの池のところで岩が落ちてくるんですが、池に落ちてジュゲムに釣られている最中に岩に当たると、「ボコーン!」みたいなデカい音がなって、キャラクターの頭部のみがデカくなるんです。これ発見したときは腹かかえて笑いましたね。

(よくよく考えれば、このバグを探す楽しさが今の研究の楽しさに繋がっているのかも?)

ポケットモンスター金・銀

ゲームボーイのときのポケモンは本当にバグが多かったですね。赤とか緑とかあの辺のもバグがヤバいのですが、あれは何でもアリ過ぎてあまり面白くなかったです。それに対して金・銀は程よくバグってくれたので面白かったですね。

金・銀にも細かいバグは腐るほどあるんですが、一番面白いのはポケモン増殖の裏技です。増やしたいポケモンを手持ちからボックスに移動させ、レポートをしている最中に電源を切って再び電源を入れると、手持ちとボックスの両方にポケモンがいて、増えるんですね。ポケモンにアイテムを持たせておくと一緒に増えるので、マスターボールを大量に増やしていたのを覚えています。無駄に99個にしたりね。

今思えばポケモンに関してはバグよりも小学生たちの謎のネットワークの方が面白いです。今ではスマホとかで色々情報を得られますけども、当時はそんなのがなかったんですよ。まあネットはなくはなかったけども、繋いでいる家庭はまだ少なかったですし、サイトもそんなになかったので(フラッシュが懐かしな)。そんな状態なのに、なぜかみんな情報を知ってるんですよね。どこから広まるのか…。

モンスターハンターポータブル

多少時代が進んでPSPからモンハンです。それでもPSPは私が小学生高学年のときにはあったかな、中学の時は確実にやってましたけども。

それでモンハンポータブルはバグがめちゃくちゃ多くてですね、マップの裏側を歩いたりとか、マップの上空を歩いたりとか何でもありでした。そんな中でも個人的にツボだったのがアイテムボックスの前で○と×を同時押しするやつです。装備品をマイセットかなんかで保存できるじゃないですか。あれに変更する時に○と×を同時押しすると、装備変更中に移動可能になって、その状態で部屋を出ると、装備品のデザインが混ざるんですね。これがヤバかった。

これで何ができるかというと、見た目はランスなんだけど、攻撃のモーションや範囲は片手剣、みたいなことになるんです。いつも重そうに持ってるランスをブンブン振り回すわけですが、これは面白かったですね。

あと武器だけでなく、防具もおかしなことになって、顔を覆うフェイス系の防具を付けてこのバグを使うと、たまにフェイスが下にズレるんですよ。すると顔がむき出しになるのですが、その場合は必ず頭が禿げていて、後頭部に穴が開くんです。たぶん帽子を付けるための処理がそうなってるんでしょうけども、これを初めて見た時は笑いが止まりませんでした。上にズレるときもあるんですけど、そのときはフェイスが浮くんですよね。

それから、もう一つ。バグを使った後に頭から謎の線がはるかかなたに向かって伸びている状態になることもありました。これも良かったですね(笑)本当に何が起きているのか意味が分からないんですけども、なんか出てるんですね(笑)うん、良かった(笑)

さいごに

今ではこういうバグはかなり少なくなっています。これは悪いことではなく、とても良いことで、それだけ技術が発達しているのだと思います。ただ同時に、これはホントは言ってはいけないんだけども、そういうバグが面白さの1つの要素でもあっただろうと思うんです。バグはダメなものなのですが、バグが持つ予想外の面白さというのはやっぱり面白いので、そういった要素を含んだゲームがあればいいなぁと思いました。