nancolu

一般人の個人ブログです

「eスポーツ」がよくわからない



なんかのテレビでeスポーツが紹介された際に、「ゲームはスポーツではない!」という意見が紹介されたそうです。それもあって「eスポーツ」という言葉が多少は認知されてきているのかなぁという気がしました。私も前からeスポーツについてこのブログでちょろっと書いたりもしていたのですが、改めて考えてみるとeスポーツが何なのかよく分からなくなってきました。

ゲームとスポーツ

eスポーツを考える際に問題となるのは、例の意見にもあるように、「ゲーム」と「スポーツ」という2つの概念についてです。

ゲームとは?

ゲームは、日本では一般的に、コンピューターゲームのみを意味するようです。しかし実際には、将棋やチェスなどもゲームであり、コンピューターゲームはゲームの一部でしかありません。ここは譲れないところです。eスポーツがよく批判される原因として、このゲーム概念がおかしいことが挙げられるだろうと思います。

そうすると、ゲームとは何か?という疑問があります。これは非常に難しいところなのですが、単純化すれば「試合」でしょう。試合には必ず勝ち負けがあります。2人以上のプレイヤー(またはチーム)が、自分が勝って、相手が負けるように、戦略と戦術を駆使して戦います。

ちなみに、ほとんどのコンピューターゲームは、厳密にはゲームではありません。例えば、マリオをプレイするとクリボーが出てきますが、クリボーはプログラマーが組んだ通りに動いているだけであって、戦略的にプレイヤーに勝とうとはしていないからです。

(関係ありませんが、ゲームには必ず不確定要素があります。不確定要素のないものは一般的にパズルと呼ばれます)

スポーツとは?

スポーツとは何か?というのもなかなか難しいところなのですが、こちらも単純化するならば、「競技」でしょう。競技においても試合と同じように対戦相手は存在するのですが、必ずしも戦略と戦術が必要になるわけではありません。

例えば、オリンピックで羽生結弦選手が金メダルを獲得されましたが(おめでとうございます!)、フィギュアスケートでは戦略的に他の選手を負かそうとするのではなく、それぞれの選手が個人的に自分の演技をし、最終的に最も評価の高い人が勝ちます。

場合によっては自分自身が対戦相手になることもあります。これは陸上競技がわかりやすいと思います。過去に自分が出したタイムより優れたタイムを出すことも競技と言えます。この場合、過去の自分は将来の自分に対して戦略的にタイムを出しているわけではありません。

ゲーム(試合)とスポーツ(競技)の違い

この上の説明においては、ゲーム(試合)とスポーツ(競技)の違いは同時性の有無にあるだろうと思います。

また、スポーツ実況を聞いていると、意識的か無意識的かは知りませんが、言葉を使い分けているように思います。例えば、バレーボールが始まる際に「ゲームが開始されました」みたいなことが言われることがありますけども、フィギュアスケートでは「ゲームが開始されました」とは言いません。

eスポーツとは

それでやっとeスポーツの話なのですが、よくわからないんですよね。

eスポーツはコンピューターゲームの一部のことを言うようです。またその具体的な対象としては、ストリートファイターシリーズや鉄拳シリーズのような格闘ゲーム、カウンターストライクやUnreal TournamentのようなFPS、FIFAシリーズやNBAシリーズのようなスポーツゲームなどが代表的です。つまり、どれも同時性のあるゲーム(試合)です。

これらをスポーツと呼ぶのはどういうことなのか、ということです。ここがよく分かりません。eスポーツで求められているのは、同時性のあるゲームとしての性質です。実際に、RTAのようなタイムを競うものはeスポーツとして認められないことが多いです。

なのでeスポーツではなくて、eゲームと呼ぶべきなのではないかという気がしてきます。まあ、eゲームと表現するとコンピューターゲームと紛らわしいんですけども。

確かに、ここでは「ゲーム」と「スポーツ」をかなり単純化して考えましたので、大切なところを色々と省いています。実際には、この2つの概念は複雑です。ただ、ゲームととスポーツの違いをよくよく考えてみると、またここに「eスポーツ」という概念を入れてみると、なんかよくわからないことになってくるように感じます。

ゲームとスポーツは明らかに異なるものですが、しかし共通点もあり、この違いを明確にするのは難しいですね。誰か教えてください…。

eスポーツはオリンピック種目として相応しいのか

eスポーツがオリンピック種目に入るのであれば、将棋やチェス、その他ボードゲームなどもオリンピック種目にしていいんじゃないのかという気がしました。