円満退社のために気を付けたい3つのポイント

f:id:k024:20170714150100j:plain

仕事をやめたいけどなかなか切り出せない、円満退社をするためにはどうすれば??そんな方に3つのポイントを紹介します。

1.意思表示をするための準備

最初に退職を切り出すのは直属の上司になります。いきなり社長や人事に話を切り出すと上司の評判を下げてしまったり、社内に退職のうわさが流れたりする可能性があるので気を付けましょう。

上司に話を切り出す際に問題になるのが、話すタイミング、退職理由、引継ぎなどをどうするか、といったことです。

話すタイミング

まず話すタイミングですが、これは退職したい日の2~3か月前くらいが一般的です。あまりに早く切り出すと話がなあなあになりがちで、また遅いと他の社員に迷惑をかけることになります。

また繁忙期に話を切り出すのはやめましょう。断られてしまったり、そもそも話をまともに聞いてもらえないこともあります。繁忙期でなくても新しいプロジェクトが始まった直後や、ボーナスと重なる時期も避けたいところです。

退職理由

円満退社を目指す場合は退職理由が重要です。本音としては会社に対する不満があるかもしれませんが、ここはこらえて個人都合を貫きましょう。不満を理由にしてしまうと上司の機嫌を損ねてしまったり、「その点を改善するから残ってくれ」と言われてしまったりする可能性があります。

将来のキャリアアップのために他の仕事に挑戦したい、というような形で伝えておきましょう。またこの場合でも「○月○日に辞めます!」と断定的にいうのではなく、「○月くらいまでには辞めたいと思っているんですぅ」というように丁重に伝えるのがコツです。

引継ぎなど

引継ぎなどに関しては実際に上司と話してみないと分からない点もありますが、他の社員にバレない程度に準備を進めておくと良いでしょう。上司と話している中で「○○についてはどうするんだ?」というようなことを聞かれるかもしれないので、対策が必要です。

2.実際に上司に退職を切り出す

準備が整ったら実際に上司に退職を切り出します。その前にまずは上司にアポを取りましょう。こちらの準備は整っていても上司は全く知りませんから話がある旨を事前に伝えておきます。「今後のことで話があるのですが」と口で直接伝えましょう。どうしても予定が合わず、上司と会えない場合はメールで伝えます。

そして上司に話を切り出す際は、先ほども紹介したように、会社の不満については語らないことです。また「絶対やめる!」というような感じではなく「やめたいんです」というようなスタンスを取りましょう。伝え方も円満退社には重要な要素です。ちなみに、ここでは退職願は提出しません。仮に退職願を出したとしても、受け取らない上司がほとんどです。

また上司に退職を切り出した際によくあるのが引き留めです。何事もなく承諾されれば問題ないのですが、「君は優秀な人材だ!」「今やめられると困るんだ」などなど言われることがあります。このような場合にも伝え方に気を付けながら丁重にお断りしましょう。また、仮に転職先が決まっていたとしても転職先は伝えない方がいいです。特に競合会社の場合は機密事項などが問題となりがちだからです。

3.退職願を提出する

上司と話しをつけ、退職日の1か月くらい前になったら、実際に退職願を上司に提出します。退職願とよく似たものとして退職届がありますが、円満退社したい場合は退職願を出すべきです。退職願はその名の通りお願いであり円満退社には相応しいといえます。

退職願の書き方ですが、会社にフォーマットが用意されている場合はそれを利用します。ない場合は白い紙に退職理由・退職日・作成した日付・署名・捺印を記入します。退職理由は一身上の都合で大丈夫です。また、宛名は社長の名前です(提出先は上司です、間違えないようにしましょう)。

退職願を上司に提出する際は必ず直接渡します。机に置いておく、といったことはマナー違反なので気を付けましょう。

まとめ

以上の3点を意識すれば、少なくとも悪い印象は与えないでしょう。そもそも仕事をやめるということは他の人に少なからず迷惑をかけることになるため、完全な円満退社というのは有り得ないのかもしれません。しかし、それでも礼儀としてこのようなことを意識することは大切なことです。

退職したい!退職届の正しい出し方