クリスマスやハロウィンがあるから日本は宗教的に寛容

なのか??

日本は宗教に寛容?

クリスマスやハロウィンといった本来日本にはなかった宗教の文化を取り入れているから日本は宗教には寛容だ、ということがよく言われると思います。しかし、とりあえずクリスマスとハロウィンの2つだけを考えてみても、キリスト教のそれとはまったく関係のないことをしていますし、単に騒ぎたいだけ、儲かるから、というようなものに見えます。

日本は宗教に寛容とは言われますが、よくよく考えてみるとそうとも言えません。例えば、同志社大学は京都のど真ん中にありますけど、同志社ができた当時は周りの寺からぼろくそに言われていました。「ここ京都やぞ、よその国の宗教が何やっとんねん」という具合です。それから歴史的に見て最も酷いと思われるのが踏み絵です。これ小学校の授業でサラッと出てきますけど、これは世界的に見ても残酷なことをやっています。

割と偉い人でも「一神教的発想は良くない、寛容である日本の多神教を評価すべきだ」みたいなことを言うことが珍しくないんですけども、ちょっとどうかな、という気がします。確かに、統計を出せば一神教の方が事件とかは多いだろうと思われますが、だからといって多神教が寛容であるということにはなりません。多神教にも排他性や暴力性といったものがあるのは事実です。

あと気を付けた方がいいだろうと個人的に思っているのが、無関心です。おそらく、日本において他宗教に寛容であると思われる人の多くが単なる無関心です。寛容と無関心では表面的にはやっていることは同じように見えるのですが、考え方はまったく違うので、グローバル化がさらに進めばそのうち問題になるような気がします。

そもそも日本人は何教なのか

クリスマスにハロウィン、バレンタインときて結婚式は教会で挙げる。ということで日本人はもはやクリスチャンだ、と言う人が稀にいるんですけども、クリスチャンではないだろうと思います(本当に信仰している人もいるでしょうけども、ここで一般的な意味で)。というのは儀式が先行しているからです。

信仰心があるから儀式をすると思うんです。教会に行くからキリスト教徒なのではなく、信仰心があるから教会に行く、というように、まずは信仰心があるはずです。なので単に儀式をしているからといって、信者とするのは無理があると思います。

そもそも日本人は何教になるのかということなのですが、日本独自の考え方があるように思います。そしてそれには名前が付いていません。おそらく神道と仏教が混ざったものです。神道が現世を担当し、仏教が来世を担当します。また現世と来世を行ったり来たりするようです。

神道に関する行事は此の世に関するものです。初詣や七五三や、まあ挙げればキリがないんですけど、この世に関する安全などを祈願します。一方仏教は葬式や回忌のように死んだ人に対して行います。あの世で元気に過ごせますように、という感じです。また神道では子供に関する行事が多く、徐々に行事が減っていくのに対し、仏教は死んだ瞬間に行事が多く、徐々に行事が減っていきます。

これは、子供はあの世から来た存在であり、子供の段階ではあの世に近い存在で不安定だから、神道でこの世に慣れさせるという意味があります。子どもにしか見えない存在があるみたいなことはよく言われますが(トトロのネコバスなど)、これは子供があの世に近いからです。そして死んだ人はまだこの世に近いからあの世に慣れていないので、仏教でお経を唱えたりして、元気にやってくださいねと言うわけです。そして神道と仏教(この世とあの世)はずっと回り続けます、サイクルがあるわけです(「生まれ変わり」という発想は典型です)。

だから名前が付いていないだけで(無宗教教とか日本教とか言われることもありますが)日本にもそれなりにしっかりとした宗教があります。またクリスマスとかそういったものは、この基本的な考え方には入り込んでいないので、しっかりと守るところは守っているんだなぁという気がします。ここに排他性があるのかもしれません、分かんないですけど。