クレジットカードで損をすることはある?それとも得する?

クレジットカードで損する可能性のあるもの

私としてはクレジットカードで損(出費程度の意味)をすることはないと思っているんですけども、考えられることはだいたいこの程度でしょう。

年会費

まずは年会費ですね、一番分かりやすいと思います。しかし大半のクレジットカードは年会費が無料ですし、条件付き(年に1回以上利用する等)で無料になります。要は年会費のかかるクレジットカードを利用しなければいいだけです。

あと、年会費がかかるクレジットカードでも、ポイントを利用すれば年会費を相殺できることも多いので、それを利用すれば無料になります。私自身、年会費のかかるカードを利用しているのですが、ポイントで無料になっています。

こんな感じで年会費で損をすることはまずないです。

利息

利息ですね。ただ利息は、1回払いと2回払いとボーナス払いはかかりません。3回以上の分割払いとリボ払いはかかりますが、この2つを使わなければ基本的にはかかりません。なので支払いを一括か2回かボーナスにすれば損にはなりません。

使い過ぎ

クレジットカードは使い過ぎが怖い、とはよく言われますが、これはクレジットカード以前の問題ですので、これはクレジットカードによる損とは違うと思います。

盗難、不正利用

これもよく言われることですけども、不正利用分に関しては補償されますので損にはなりません。まあ手続きに時間がかかって機会損失が、みたいなことはあるかもしれませんが、直接的な損ではないでしょう。

その他

その他のものとして、クレジットカードで支払う際の手数料ですね。加盟店側がクレジットカード決済に対して独自に設けているものです。これはクレジットカードの規約違反になるので加盟店が悪いです。これは加盟店に「おかしいんじゃないの?」と指摘すべきことです。

クレジットカードは単なる決済ツール

クレジットカードを使ったら損する、と考える人は未だに多いように感じられるのですが、しかしクレジットカードは単なる決済ツールだと認識すれば損どころか便利なものだと思えるようになるのではないかと思います。

人間って歴史の中でお金について色々悩んできています。物々交換だと不便、みんなが欲しがるものを作ったけど統一されていない、硬貨を作ったけど持ち運びが管理が怖い、紙幣(預り証)を作ったら偽造された、偽造が難しいものにしたらコストが高い、紙幣がボロボロになる、経済成長と共に高額商品が出たけど紙幣では支払いが困難、国によって通貨が違う、などなど。

そんな中でクレジットカードというのが出てきているんですけども、決済ツールとして見るとクレジットカードはやはり便利です。もちろん完璧ではないですけどもね。クレジットカードについて文句を付けることはいくらでもできますが、それだったら完璧なお金って一体どんなものなんだろう、って話です。

総合的に見ると、やっぱりクレジットカードです。おそらく今後もお金の在り方というのはどんどん変わっていきますし、そうなればいずれクレジットカードも廃れるでしょうけども、今はクレジットカードが妥当でしょう。

クレジットカードは得なのか

クレジットカード関連のサイトを見ているとよくあるのが、現金は損でクレジットカードを使う方がお得だからクレジットカードを使いましょう、という流れのやつです。これには異を唱えたいのですが、私は現金が損だとは思いませんし、クレジットカードが得だとも思いません(クレジットカードの方が現金よりも便利だとは思うけども)。クレジットカードは単なる決済ツールであり、損得の問題ではない、というのが私の考えです。

クレジットカードでお得になる、というのは多くの場合はポイントのことを言っているのだろうと思うのですが、ポイントで得をしようという発想が私にとっては気に食わないです。

私は、ポイントは客と店の関係性の数値化であると解釈しています。もともとは商売にポイントなんてものはなくて、いつも利用してくれている客に対して「いつもありがとう」という感謝を込めて何らかのサービスをしていたと思うんです。

これは個人経営のお店なら今でもやってると思います。例えば、寿司屋とか天麩羅屋だといつも利用している客、特に夜の利用者には特別な振舞をすることが多いです。同じメニューでも他の人と内容が異なるのは珍しいことではないでしょう。

最近では、食レポ?の口コミに「同じ料金の同じメニューなのに他の客よりも内容が悪かったです。この店は差別するのでしょうか。星1つです」というような実にくだらないコメントもありますが、こういう関係性が分からないのは相当マズいと思います。

本来は客と店には関係性というものがあるのですが、店が大規模になってきたおかげで関係性すらも消費されるようになったようです。従来は「○○さん、いつもありがとうございます」だったのが今では「カード番号12345サン、イツモアリガトウゴザイマス」になっています。呉服屋ですら、さすがにクレジットカードではないですけど、ポイントカード導入してますしね。呉服屋も朽ちたな、と心底感じました。

最近落ち着いてきたから言いますけど、VALUなんか大っ嫌い。なんで関係性を数値化する必要があるんでしょう。まるで人間が物のように感じられます。「つながり」とか言ってもその中身は「いいね」の数でしかありません。友達の数を自慢する時代です。私は心底くだらないと思います。

クレジットカードは便利です。しかしクレジットカードは単なる決済ツールでしかありません。そこに損得を持ち込む人は、私は嫌いです。人間関係というのは効率化すべきものではありません、人間関係は手段ではなく目的だからです。

クレジットカードなんか正直何でもいいのでは?
お金を使わずに生きる方法!仕事がイヤなら…?
コネは汚くない!コネの作り方、教えます
年収1000万円の男性と結婚する方法