使わないと損!なぜ日本人はクレジットカードを使わないのか

f:id:k024:20170714195226j:plain

日本人のクレジットカード保有率は85%を超えており、決して低いわけではありません。むしろ保有率は高いというべきでしょう。しかしその反面、利用率は15%程度と非常に低いです。なぜ日本人はクレジットカードを利用しないのでしょうか。

明確な理由はない?

日本人はあまりクレジットカードを利用したがらない傾向があるようなのですが、意外にも保有率は高く85%であり、しかも日本で発行されたクレジットカード数は約3億枚と言われています。日本人がクレジットカードを持っていないわけではありません。

クレジットカード嫌いなのにここまでクレジットカードが流通している理由が気になるところですが、実はよく分かっていません。政治家への不満は大きいとは言え、何だかんだで豊かな生活ができている日本は審査が通りやすく、落ちる人が少ないと言われています。しかし審査が通りやすいとは言っても、なぜクレジットカードに申し込んだのか…(よく言われることとしては、万が一のために、勤めている会社の都合で、といったものがあります)。

そして、この記事の本題である、なぜクレジットカードを使わないのか、という点なのですが、これについても理由が分かっていません。クレジットカード会社もこの理由について調査・研究をしているようですが、具体的な理由を見つけられてはいないようです。そこで研究者たちは1つの答えにたどり着きました。

明確な理由はないのではないか?

つまり、個人個人が何かの明確な理由に基づいてクレジットカードを使わないのではなく、社会の構造や文化的にそうならざるを得ないようになっているのではないか、ということです。そこで次のようなことが考えられます。

治安がいい

日本は世界的にも治安が良い国として知られています(実際には色々とあるのですが)。治安が良いので財布を盗まれることが少なく、現金を奪われる心配がありません。

逆に治安が悪い国だと、現金を奪われないようにカードを使います。日本ではカードの方が危ないというイメージを持っている人が多いようですが、現金は盗まれてしまうともう戻ってきません。盗まれたら終わりです。

しかしカードなら、カードを盗まれても利用を止めたり、カード会社から補償を受けることができるため、損失がないのです。

つまり治安の悪い国ではクレジットカードを利用している方が安全なのです。日本は治安が良く、盗まれる可能性が低いため、クレジットカードを使う必要がない、ということです。

銀行が発達している

アメリカでは投資銀行や証券会社が発達しているのですが、逆に日本は銀行が発達しています。日本が経済的に成長していく際にも銀行が大活躍しました(ちなみにヨーロッパはアメリカと日本を足して2で割ったような感じです)。そのため、他国と日本ではお金やその取引の文化が異なります。

また日本にはATMが至るところに設置されているため、現金の管理に困ることがあまりありません。財布がかさばるようであればATMにお金を預ければよく、お金がないならATMから引き出せばよいだけです。さらにATM手数料はほぼ無料なのでATMを使うことに抵抗がありません。

 クレジットカードの知識がない

日本ではクレジットカードは比較的簡単に持つことができるのですが、それ故にクレジットカードの知識を持っていない可能性があります。

持っておけば万が一の時に安心、会社の都合で作ってくれ、というように、自分から欲しくて作るというよりも、周りからの勧めや頼みで作ることがあります。自分が興味を持っているわけではないので、クレジットカードの知識が全くないということも珍しくありません。

知識がないというのは、国際ブランドって何?、上限って毎月のこと?いつ支払うの?というレベルです。よくよく考えてみれば学校などでクレジットカードの使い方を勉強するわけではありません。「使いすぎには注意しましょう」とだけ言われ続けているとクレジットカードに抵抗を持つのも無理はないのかもしれません。

まとめ

日本人がクレジットカードを使わない理由は、具体的にハッキリとはわかりませんが、おそらく文化的なものがあるのだろうと思われます。

一般的なクレジットカードを使わない理由としてはセキュリティや使いすぎ防止などがよくあげられますが、セキュリティに関しては現金よりも安全ですし、使いすぎ防止に関しても利用明細にいつどこでいくら使ったが明確に記載されるので管理はしやすいです。よくある一般的な理由に関しては知識不足で片づけられるかもしれません。

また、クレジットカードの知識といってもネットで少し調べればすぐに分かることですし、それほどに日本人の多くが興味を持たないということは、やはり文化的な背景があると思われます。