文脈を無視するということ

f:id:k024:20170912232332j:plain

ホリエモンさんの本

今ちょっとにちゃんを見ていたら、ホリエモンさんが「バカほど成功しやすい」みたいなことを言っている、みたいな記事を見つけました。

よくよく調べてみると『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』という本を、ホリエモンさんが今年(2017年)の7月後半に本を出されていたようです。そして一言で要約するならば「バカは頭が良い人よりも成功しやすい」のだそうです。

バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方

新品価格
¥972から
(2017/9/12 23:28時点)

この本ですね。すみません、私も今知ったところなので、まだ読んでいないんですけども。

実は私も同じようなことを以前このブログに書いています。この記事なんですが⇒「バカの定義を考えてみました、どうでしょう?」それで、全く同じというわけではないですが、似たような感じだと思います。

自分で一生懸命考えたつもりだったんですが、まあよく言われるように、思いついたことは既に誰かが考えているようです。この記事を書いたのは8月に入ってからですから、私の方がやや遅い形になるんですけども、何か残念な感じがします。

なんか、こういうことになったら逆に反発してやりたくなりますね。うん、そうだ、私はバカだと思ってたけどバカじゃない、利口だ!!

文脈を無視するということ

ここまでの内容は、確かにそうなのですが、ホリエモンさんが「バカほど成功しやすい」という主張をしている(らしい)⇒実は私も同じようなことを考えていた⇒反発してやりたくなったから「私は利口だ!」と思うことにした、という流れです。

また、以前この記事を書きました「個人ブログにできることって何だろう」(今読み返したらちょっと変なこと書いてますね)。この中で「過去記事の文脈に関係なく、断片的に解釈されてしまう」と書きました。これの具体例を出したかったんです。

この記事で私は「私は利口だ!」と書きましたが本気で思っているわけではなくて、それ以前の、前提となる記事があって、そして「私は利口だ!」と書いているんですけども。これを分からない人がいるんです。

前提というか、流れというのが絶対にあるんですよ。それを無視すると、全く違う解釈ができてしまうわけです。文脈を無視して「私は利口だ!」だけを切り取ると「コイツ自意識過剰だろw」ってなってしまいかねません。こういうのって、ネット上の記事のコメント欄なんかを見ているとよくあるんです。

アイキャッチ画像でケーキの切れ端の画像を使いましたが、ケーキを作る時に、三角形のケーキを作ってるわけじゃなくて、大きな丸いのがあって、それを切り取ってるから三角になるのであって。確かに記事は三角の一部かもしれませんが、それには前提となる大きな丸があることを忘れてはならないと思います(ケーキはあくまでも例えです)。

これはどうすればいいんですかね、ブログの中で一貫性を持たせていたとしても、やっぱりブログには限界があるような気がします。

(まあ、私もホリエモンさんの本を読まずにこの記事を書いているので思いっきりブーメランなんですけどね。これから読もうと思います)

ネットがどんどん狭くなってるような

ネットって昔からつまらない情報ばかりだったとは思うんですが、最近のネット(というと老害になるんですかね?難しいな)は違う意味でつまらなくなっているように感じます。

もともとネットって横のつながりがありましたよね。昔の個人サイトなんかリンクがいっぱいでしたし、トラックバックって割とあったと思うんですけども、最近はあまりないような…(増田は今でも盛んっぽいですが)。

なんでしょうね、1つの記事で完結するんですよね。ただ、それで完結してるかというと、情報量が欠如していて不十分というか。ネットに記事を出している人は少なからず(個人ブログではなく大手のサイトに掲載されるような記事。個人ブログもつまらないけどそれは多分、ブログの目的化であってまた違うと思います)読者の読み方を想定しているとは思うんですが、読者が断片的な読み方をするのであれば、書く方もそれに合わせた書き方をするでしょうから、そうならざるを得ないんですかね。

前のネットは、つまらないなりにも広がりがあったように思うのですが、最近のはつまらないし狭いようになっている気がします。いや、つまらないわけではなく、むしろ記事の質としては上がっているんでしょうけども、自分の興味に合わせて勝手に表示されるようになっているから、何だろうな、ここに多様性がないというか、いや多様性といったら大げさですね、なんか表現が難しいですけども、なんか違うと思います。

分かってくれる人いますかね、このネットの違和感。

個人ブログにできることって何だろう