続けるためのブログを書くコツ

f:id:k024:20170710223058j:plain

ブログで稼げると聞いて始めてみたけどなかなか続かない、書きたいんだけど書くことがない、これはブログを書き始めた人なら誰もがぶつかる壁です。そんな壁を乗り越えるコツを紹介します。コツには色々あるのですが、あまりたくさん紹介しても分かりにくくなるので、今回は2つにしておきます。

ブログで扱うテーマを制限しない

まず1つ目はテーマを制限しないことです。ブログ初心者にありがちなのがブログタイトルにテーマを書いてしまうことです。例えば「私でもできた簡単料理ブログ」とか「映画の感想ブログ」とかです(タイトルはテキトーに今考えました、あくまでも例です)。

必ずしもこれが悪いわけではないのですが、タイトルにテーマを入れてしまうと、そのテーマについてしか書いてはいけない、というような考えが出てきてしまいます。これが酷くなると、ネタが切れてしまったり、書きたいことはあってもテーマに合わないから書かないでおこう、というようになってしまいます。

これは非常にもったいないです。別に自分のブログなのですから、自分の書きたいように書いてしまえばよいのです。ブログを使って商売をするのであればそれは話は変わってきますが、自分のブログなのだから自分の興味のあることについて書けばいいのです。

ではどうすればいいのかというと、ブログタイトルを変更することです。ブログのタイトルも何でもいいです。もしタイトルと内容にどうしても整合性を持たせたいのであれば、自分の名前やニックネームがオススメです。

今更タイトルは変えられない、自分の名前はブログとしてダサい、と感じられるかもしれませんが、そもそもブログは良くも悪くもそんなに見られていません。日常生活において髪を切った時、一体どれほどの人がそれに気づくでしょうか。せいぜい自分の生活圏内の数人程度ではないでしょうか。現実でその程度なのですから、ネットで名前が変わる程度では誰も気にしません。

誰でも気にしない程度のことを一人で悩み、そしてブログをやめてしまうというのは非常にもったいないです。

下の人に対して記事を書く

2つ目は自分よりも下の人に対して記事を書くことです。あまり人に対して上下は付けたくないのですが、ここでは分かりやすさのため、あえてそのように表現します。

ここでいう「下の人」とは自分よりも知識を持っていない人です。ブログを書いている多くの人は、全ての人を対象に記事を書きがちです。そのため、こんなこと書いても無駄だよね、と勝手に評価して書かずに終わってしまう、ということがあります。これももったいないです。

残念なことに、というか当然のことなのですが、万人の役に立つ記事なんてものは存在しません。ピラミッド型の図を想像すると分かりやすいと思いますが、上に行くほど少なくなり、下に行くほど多くなります。上には上がいるものですが、下には下がいるものです。その下をターゲットに記事を書けばいいのです。上は無視して構いません。

これは商売でも同じことです。今の時代ほとんどの人がパソコンを使うことが出来るはずですが、パソコン教室ではパソコンの電源の使い方から教えることもあります。これはパソコンの使い方を知っている人がパソコンの使い方を知らない人に対して教えるからこそ、パソコン教室が成り立ちます。パソコンの使い方を知っている人はパソコン教室には行きません。逆にパソコン教室もパソコンを使える人は相手にしていません。ブログも同じです。知らない人を相手にすればブログは成立します。

ブログを削除するのはもったいない!

今回は2つしか紹介しませんでしたが、テーマを制限しない、下を対象に記事を書く、これを意識するだけでもかなりブログは書きやすくなるのではないでしょうか。ブログは続けることに意味があるので(ログですからね)、書いてる途中に気になることが出てきても軌道修正しながら書くのがいいでしょう。