nancolu

一般人の個人ブログです

私とアブラサス薄い財布

なんか変なタイトルですが、別にアブラサスの社員でもなんでもなく、アブラサスの商品を利用しているだけの者です。個人的にアブラサスの薄い財布は非常に良い商品だと思っているのですが、私がこの財布に出会うまでについてを簡単に書いておきたいと思います。ちなみに5年以上使ってます。

大学生の途中まで、財布はずっとオッサンが使うような、黒い二つ折りのものを使っていました。ただ、それだと、ズボンのポケットに入れた際に、財布の形が浮き上がるんですね。これがイヤだったんです。今ではそこまででもないのですが、学生のときはやたらと見た目に気を使っていたので、こういう細かい部分も許せなかったわけです。

それで、なぜ財布の形が浮き出るのかというと、非常に簡単なことで、財布に厚みがあるからです。だったら厚みを無くせばいいじゃない、と考えました。一番最初にやったのが、輪ゴムです。しょせん財布なんか、お金を持ち運ぶのに都合が良いから使うのであって、その目的さえ果たせれば形は何でもいいわけです。それだったら、まとめればいいんだから、そもそも革なんかいらんよね、ゴムで束ねればいい。

実際にやってみると、すぐに問題に気付きました。まず取りにくい。カードとお札をゴムで束ねると、目的のカードやお札を1枚だけ取り出すというのが難しくて、結局はゴムを外すことになります。そしてカードを使った後は再びゴムで束ねるわけです、非常に面倒くさい。そして小銭です。小銭はゴムで束ねることができません。なぜ小銭みたいなふざけたものがあるんだ、と思いましたが、あるものは仕方がない。カードや電子マネーで小銭を使わない努力はできるものの、やっぱり小銭でないと支払いができないところもあるんですね。小銭だけ別のものに入れようかとも考えたのですが、それだったら財布に入れて一元管理する方がいいということになります。

それで次に思いついたのが名刺入れです。財布がなぜ厚くなるのかと言えば、構造の問題なんです。なのでシンプルな構造をしている名刺入れを財布代わりに使おうと考えました。これだとカードは問題なく入るのですが、お札は折らないといけません。これが地味に厚みを持ってしまうんですよ。そして小銭。小銭はマジでどうしようもない。というわけで名刺入れも失敗でした。

ここまでやって、やっぱり無理かぁと思いながら、なんか良いアイデアないかなと思いGoogleで「薄い財布」となんとなく検索してみると、トップにアブラサス薄い財布が出てきたんですね。薄い財布って商品名なんですよね、たまたまヒットしました。クリックしてみると、財布の構造を根本的に見直して設計されていて、コレや!と思いました。

そして面白いことに、薄い財布の制作者が私と同じようなことをしていたんですね。たしかホームページに、薄い財布ができるまでについて簡単に書いてあったと思うんですが、輪ゴム使ったりとか色々試行錯誤してて、同じようなこと考える人っているんだなぁと思ったりしました。でも思ったことを追求して、実際に形にするのってスゴイですよね。これは私にはできないです。

というわけでホームページを見た翌日に高島屋に行きました、買いました。今でも良い買い物だったと思っています。

ちなみに、薄い財布を購入してからも、もっと良い形の財布ってあるんじゃないか?と常々考えて、色々と試したこともあるんですけども、何だかんだで薄い財布に落ち着きますね。カードの周りにお札を巻き付けるというような発想は割と簡単に出るんですが、やっぱり小銭なんですよ。小銭だけ別にすると面倒で、一元化したいと思うようになるんですね。そして小銭を財布に入れるのであれば、薄い財布のアイデアはすごいです。小銭をこの形で収納しようと考えたのは本当にすごいと思います。これはなかなか思いつけないですよ。

お金の電子化が十分に浸透するまでは、アブラサスの薄い財布は手放せないですね。

ちなみに私はミニマリストが嫌いなので、そこは誤解のないように。

ミニマリストへの違和感と無駄なモノを捨てるコツ - nancolu